2017年7月5日水曜日

ためにならない小ネタ◇其の6

この記事を書いた人
この記事を自分のブログで紹介 Embed
スポンサーリンク

●パーツクリーナ缶




某ネットストアのオリジナルブランドです
なんで梱包材が付いたままなんだという突っ込みがあるかと思いますが
それをこれから説明します

さて
パーツクリーナーはいろんなメーカーから各種出てますが
どれにも共通した問題点があります

それは
どれもみなお徳用サイズで細長いということです

立派なガレージなんか持ってる人には理解できないかもしれませんが
普通の居室(しかも狭い)で整備している私にとっては大問題で
かなりのストレスになる 
それはパーツクリーナー缶が倒れることなのです

整備に欠かせないパーツクリーナーですが
前述の通り缶が細長く倒れやすいので
作業中にうっかり肘が当たったり、自転車の向きを変える際に車輪が当たったり
そのたびにパーツクリーナはいとも簡単に倒れます

板の間でガタンとなると結構大きい音が響くし、イラっときます
大きな箱か何かに入れておけばいいかもしれませんが
私は倒れてもいいように缶にクッションを巻きました
見ての通り梱包のエアパッキンです

けして梱包したままなのではなく、これをわざわざ巻いています



誤って倒しても大きな音がしないので安心して作業に集中できるのです







スポンサーリンク
この記事がそこそこ気に入ったらポチッと! にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
購読するとブログの更新通知が受け取れるようになれます。
解除するにはもう一度購読ボタンを押せば簡単に解除できます。

動作環境:「Android OS」「Window OS」「MAC OS」のgoogle Chrome及び Firefox
※iOSはアプリ経由の通知となります。
この記事を自分のブログで紹介 Embed

0 コメント :

コメントを投稿