2016年12月30日金曜日

低さは速さ?ハンドル下げたい!

この記事を書いた人
この記事を自分のブログで紹介 Embed
スポンサーリンク

スペーサーではもう下がらない現実

TREK Emonda SLはH2フィットと呼ばれるジオメトリーでヘッドチューブがちょっと長めの設計です。
しかも大き目のフレームサイズにしたのでスペーサーを全部取っ払ってダストキャップを薄型にしても落差があまりでないんですよ。
もうベタ付け
  
これはステムで対応するしかない!

今使っているステム

今はワンバイエスの77ステムを使っていますが、名前の通り77度という珍しい角度の商品です。
水平やマイナス角度のステムにすると前下がりになってしまうので、個人的に見た目があまり好きではありません。
ですが77度だとスローピングのフレームでも綺麗に見えるんですよ。

もう水平かマイナス角度のステムにするしかないのかな(´・ω・`)

ワンバイエスから新製品でてた

ワンバイエススージーステム

ポジションを低く抑えながらも違和感の無い角度でハンドルをセッティングできるように設計された新作。
低いコラムハイト35mm から絶妙な77° で伸びるボディーは縦の径が33mm とスマートで、さらにハンドルクランプ中央を下に7.5mm オフセットさせている。
ハンドルクランプボルトの先端はすべてボディー内に収まり、乗車位置から突起物が見えない設計。OnebyESUのマークは目立たないステルスタイプで、当たる光の角度によって渋く存在感を発揮する。
このスージーステムなら外観を保ったまま7.5mm下げられる。
下がる分ステム長を10mm短くしようか迷うところですがどうなんでしょう?

試してみないと分からないしとりあえず買ってみた
ステム長100mm

そして付けてみた
スタックハイトが5mm短くなったのでスペーサーで調節
少し走ってみたけど10mm短くしたからでしょうか?ハンドリングがクイックになった感じがします。
 
1000km位走って様子見ですかね。
スポンサーリンク
この記事がそこそこ気に入ったらポチッと! にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
購読するとブログの更新通知が受け取れるようになれます。
解除するにはもう一度購読ボタンを押せば簡単に解除できます。

動作環境:「Android OS」「Window OS」「MAC OS」のgoogle Chrome及び Firefox
※iOSはアプリ経由の通知となります。
この記事を自分のブログで紹介 Embed

0 コメント :

コメントを投稿