2016年8月29日月曜日

K隊長とOさんが2人でツーリングするとトラブルが起きるらしい…東秩父ライド!

この記事を書いた人
この記事を自分のブログで紹介 Embed
スポンサーリンク
一緒に走った人
  • K隊長
  • Oさん(私)

K隊長曰く

K隊長「Oさんと二人で走るとメカトラブルが起きる」

確かに過去二度ほど二人で走った時に異音発生電動デュラエースの故障等がありましたが完全なる言いがかりです。

21世紀の今、ジンクスのような非科学的なものは信じてはいけません。今回のライドでそれを証明してみせましょう!

この所週末が雨続きでしたが午前中は曇り予報だったのでK隊長と東秩父へ出発です。
こんな会話をしましたがそう何度もトラブりませんよ hahaha

天気も少し回復したので出発

朝起きてカーテンを開けると雨は降っていませんし道路も半分乾いています。
念のため雨雲レーダー確認しても迫ってくる雨雲はありません。
幸先の良いスタートです!

15分後…

めっちゃ雨降ってきた…なにこれ(´・ω・`)

途中で再度雨雲を確認しますが雨雲は相変わらず無いと表示されています。

え?本格的に降っとるがな

取り敢えず合流場所のホンダエアポートまで走ります。そしてこの間一台も他のロード乗りと遭遇しませんでした。

K隊長と合流

ホンダエアポート到着と同時に前方からK隊長もやってきて挨拶をすると。

K隊長「すでにトラブりました!」

えっ!

合流した時点で何故か膝から流血しています((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

一体彼の身に何が起きたのでしょう?
聞くと路肩の傾斜にタイヤをとられて落車したとのこと。
そしてディレイラーハンガーが少し曲がったのか、どこか擦るような音が発生してます。

このトラブルは合流前だからノーカンですよ…たぶん…

相変わらず雨も降っていますが気を取り直して出発です。

釜伏峠

254号をひたすら北上して釜伏峠手前の東屋で休憩。
雨は止む気配がありません
 この時点で靴の中までぐしょぐしょですが、ここまで来ると雨なんかどうでもいいような気分になってきました。

走っていると体が温まるのですが休憩中は濡れているのもあって少し寒いくらいです。
自分、今日はウインドブレーカー持ってきてません。夏だから完全に舐めてました。

このままでは下りの寒さに耐えられないのでコンビニで防寒具をゲットしましたよ。
最軽量・最薄のレジぶ…いえ防風着です。
休憩後は釜伏峠を登っていきます。
久しぶりに登るけどここは勾配キツすぎです。しかもダンシングしようにも雨でリアが滑って危ないのでひたすらシッティングで進んでいきます。

我慢のシッティングでなんとか到着
分岐の道も雨で幻想的な雰囲気
写真左の方へ進みまだ登りは続きます
登り切ったら彩の国ふれあい牧場を通過して下っていきます。
その前に防寒着を装着!コンビニのレジ袋暖けぇぇー(*´ω`*)

あと、こんな雨の中の下りでもシャマルミレのブレーキ性能は最高です!

定峰峠・白石峠

下りきった後はまだK隊長は登りたいらしく定峰・白石峠に向かいます。
しかし、前日サドルを前よりにした影響でしょうか?何だか右膝に痛みが出てきました。
定峰手前の東屋で休憩がてらサドルの調整してから登ります。

登り始めるとちょっと痛みがマシになった気がしますが力を入れて踏むとやっぱり痛いです。左足だけトルクをかけるようにして登っていきます。
定峰峠は意外と早く着いた
少し休んだ後そのまま白石峠へ向かいます。
途中で排水口の蓋が出てくるとスピードを落として慎重に進むため、余計な気を使い疲労も増してきます。
白石峠頂上では雨が結構降ってましたね
再度レジ袋を装着して下っていきます。
そうそうこのレジ袋、持ち手の部分を下にしてビブに挟んで装着するとすごく収まりが良いんですよ!ってK隊長に報告するも苦笑い…

途中川のように雨水が流れている箇所もありましたが慎重に下っていきます。

高柳うどんへ

 下ったあとは高柳うどんで少し早い昼食です。

お店紹介 | 高柳製麺所直営店 セルフうどん 都幾の丘 高柳屋

うどんが好きすぎて、セルフうどん店を開業してしまいました。最初は不慣れな中、たくさんのお叱りやご意見をいただきました。定休日のご案内が行き届かず、休みなのに68人もの方に来ていただいたことも...。また来ていただけるよう、日々改善を続けています。 営業時間がたった4時間で、ご迷惑をおかけしておりますが、昔ながらの手間ひまかけた工程でうどんづくりをしているので、仕込みに時間がかかるからなんです。

温かい肉汁うどん(中盛)

ジンクス続く? 

腹もふくれ雨も上がり後は帰るだけです。
追い風基調なので40km/h巡航も楽に維持できます。
あっという間に川島農産物直売所近くまでやってきたところでサイコンを確認すると、ケイデンスの表示が0になっています。
直売所敷地内の隅で確認してみてもまったく反応がありません。電池切れかもしれないし取り敢えずそのまま帰ります。

K隊長と解散後も追い風が弱まりましたが軽快に走って帰宅しました。
帰宅後センサーは電池を交換しても応答なし。完全にお亡くなりになりました(;´д`)トホホ…

今回の被害

K隊長:落車により膝負傷とディレイラー曲がる
自分:膝の痛み発生とスピードケイデンスセンサーが壊れる

この世には科学では説明できないこともあるのかもしれない
(´・ω・`)9m ビシッ
スポンサーリンク
この記事がそこそこ気に入ったらポチッと! にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
購読するとブログの更新通知が受け取れるようになれます。
解除するにはもう一度購読ボタンを押せば簡単に解除できます。

動作環境:「Android OS」「Window OS」「MAC OS」のgoogle Chrome及び Firefox
※iOSはアプリ経由の通知となります。
この記事を自分のブログで紹介 Embed

0 コメント :

コメントを投稿