2016年10月14日金曜日

ブリジストン アンカー RS9 試乗してみた【フラグシップモデル】

この記事を書いた人
この記事を自分のブログで紹介 Embed
スポンサーリンク

サイクルパークフェスティバルで試乗

アンカーフェスは残念ながら雨だったのですが、ほんの少しだけブリジストン アンカーのフラグシップモデル RS9を試乗してみました。

写真引用:ブリジストンアンカーサイト
キャッチフレーズは
PROFORMATが生んだ、アンカー史上最も軽く最も「進む」レースフレーム

ブリヂストン 中央研究所と共同で開発されたというだけあって自信満々なキャッチフレーズですね。
見た目は今乗ってるTREK EMONDA SLと同様にシンプルで飽きがこない感じで結構好みですよ。

RS9|ROAD|製品コンセプト|ブリヂストンのスポーツバイク アンカー|anchor

ブリヂストンサイクルのスポーツバイクブランド「アンカー」(anchor)のホームページへようこそ。本格的なレース用自転車から街乗り自転車まで幅広くラインアップ。製品カタログ、チームブリヂストン・アンカー、レース情報、レースリザルト、販売店などをご案内しています。

短いコースでも違いがわかる

直線30m位の短いコースですが早速乗ってみます。

おぉー!本当に前に進む感じが凄いですよコレ!

ペダルを回した瞬間から軽さを感じますし、キャッチフレーズ通り気持ちよくスイスイ前に進んで行きますね。

短いコースですがダンシングを試したり3周程走ってみましたが本当によく進んでくれます。
でも試乗車ってデュラエースホイールとか良いホイールが装着されててそっちの影響の方が大きいような気がするんですよね。

ふとホイール確認するとレーシング3じゃん。
レーシング3も良いホイールなんですが、このクラスのホイールでこんなに進むんだと驚きました。流石フラグシップモデル!
(コンポはアルテグラでした)

価格も現実的

フラグシップモデルだし高いのかと思いましたがフレームセットで35万円(税抜き)です。この性能だったら他社と比べると格段にお手頃価格です。

しかもカラーも選べる!

EDGE STYLEと呼ばれるカラー30色、オーバコート(表面塗装)、ロゴタイプはアップチャージ無しで選択可能みたいです。
TREKのプロジェクトワンだと手が届かない金額になるので、自分の好きなカラーを選べるのは私的には結構ポイント高いですよ。

国内メーカーも頑張ってますね!
次のフレームに悩んでる方は一度RS9を試乗してみては?
スポンサーリンク
この記事がそこそこ気に入ったらポチッと! にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
購読するとブログの更新通知が受け取れるようになれます。
解除するにはもう一度購読ボタンを押せば簡単に解除できます。

動作環境:「Android OS」「Window OS」「MAC OS」のgoogle Chrome及び Firefox
※iOSはアプリ経由の通知となります。
この記事を自分のブログで紹介 Embed

0 コメント :

コメントを投稿