2016年7月13日水曜日

那須ロングライド(+延長戦)に参加しました。

この記事を書いた人
この記事を自分のブログで紹介 Embed
スポンサーリンク
今年は会社の斡旋もあり、那須ロングライドに参加してきました!
参加したのはチャレンジ70コースで、距離も獲得標高も少し物足りず。
よって往路は自走を予定していました。

・・・が、9日(移動日)は生憎の雨でやむを得ず会社からトランポで移動しました。
無念。

とりあえず前日は宴会です。


11時ぐらいまでたらふく飲んで、ホテルに戻ったと思ったら、気づいたら椅子の上。
ハッと目を覚ましたのは2時頃。
6時には移動のため、体調に不安を残しつつ慌ててベットで就寝。

「絶対脚つりだよ・・・」

当日の朝

町を挙げてのイベントのためか、ホテルの朝食も5:45分から開始。

バナナとかポテトサラダとか、個人的には軽めの朝食をとる。


ついでに、会場までが車移動のため、移動間のコーヒーもとる。
(この辺がデブの発想。)

会場入りすると、もうすでに人が沢山。
1000人規模のロングライドイベントとのことで、スタート待ちの人たちがすでに行列を組んでいます。



ひとまず会社のブースでコーラでも飲みながら様子見し、8時(チャレンジ70のスタート開始時間)を少し過ぎたころに並び始めました。

出走

1分刻みでスタートし、ようやく自分自身の番が回ってきました。
時速20km/hぐらいで走りだしましたが、「追い越し禁止、一列で走行」とのアナウンスを受けます。



・・・ストレス。

3kmぐらい進むと若干の上りが始まり、遅いペースにウズウズする人が続出します。
で、ウズウズに耐えきれない人たちが前後の車をチラチラ確認し、発射

もちろん、私も発射です。

少しだけペースを上げる

とは言っても、やっぱり基本はロングライドイベント。
周りのほとんどがいつものTさんみたいな激アツな上りを見せるわけではなく、5%程度の勾配でもガクンとスピードが落ちています。
こちらは淡々と上り、エイドステーションでお菓子を頬張りつつ、「いつもより楽だなぁ」なんて思いながらタラタラ走ります。


すると、後ろから赤い水玉ジャージが私をパス。
何かと思えば「うじきつよし」さんでした。

流石にココで置いていかれたら、EMHの名が廃る。

変なスイッチが入って後ろにビタ付きで一緒に上ります。
多分、うじきさんには

「うわぁ、対抗心燃やしちゃってキモいなぁ」

と思われたことでしょう。
でも基本的には根性ウンコ色なので問題なし。

数kmついて行ったところで、うじきさんは「ヒルクライム100」、私は「チャレンジ70」とコースであり、分岐地点でサヨウナラ。
どうもお騒がせしました。

チャリダーで放送されたらEMHもいよいよ全国デビューですね。

ダウンヒル開始

100と70コースの分岐を過ぎると、またもやエイドステーションが現れました。
ここでは絶品な、「うなぎのおにぎり」が振る舞われます。


2個ぐらいもらいたいところを我慢して、食べ終わってボトルに給水したところでスタートしようとすると、

「すみませーん、10人ぐらいでまとまって下りまーす」

と、声を掛けられます。

え・・・あぁ、先導がついてゆっくり下るのね。
チャレンジ70の中では到着が早かったため、(多分、一番乗りかそれに近いぐらい)ここでしばらく足止めとなりました。

ダウンヒル開始(本当)

先導のスタッフを先頭に、ダウンヒル開始です。
確かに場所によってはガレた個所もあり、安全を考慮するとこれが賢明な判断でした。

10km程度だったと思いますが、ゆっくり下ってあっという間のエイドステーション。
さっき食べたばかりですが、「牛すじ丼」「からあげ」「忘れたけどナニか」等を食べます。





カレーも食べたかったんですが、流石にゲロ吐きながら走るわけにはいかないので遠慮しておきました。

藤田機関車(バルセロナオリンピック号)

エイドステーションでは、社長のおもりのためエンジョイ55で参加していた藤田さんとバッタリ遭遇。
おもりが終わったためこれからはマイペースで走ります」とのことでした。

これはチャンスではないか?

藤田さんのケツに付けば物凄いラクができるのではないかとヒラメキ、何も言わずに無断・無賃乗車を決行します。


グングン加速する!!


下り基調というのもありましたが、あっという間に50km/hオーバーの巡航が始まります。
なんというかスター状態のマリオですね。
藤田さんのケツめがけて私も踏み込みました。

後からストラバを見ると「りんどう湖~伊王野」という区間で4/349位の記録でした。

この結果は詐欺です。

一人旅再開

しばらく下ると、また坂がチラホラ出てきました。
すると、藤田さんは同僚の方の手動アシスト(手で相手のサドルを押してあげるヤツ)を開始

「ツキイチしてんじゃねぇ」

という暗黙の抗議と認識したため、「引いてくれてありがとうございました!」と爽やかに挨拶し、逃げました

でも一人旅はそれはそれで楽しい・気持ちのいいもので、
ドーンとこんな景色も楽しめます。



これ全部俺のモンだ!

田舎のロングライドはこれが醍醐味ですよね。

ゴール

70kmは早いもので、気づけばあっという間にゴール。
土日の朝ヒルクラより短い距離ですからね。


しかし、那須ロングライドは、本当に町を挙げてのイベントだなぁとつくづく思わされました。



写真は一例ですが、沿道で応援してくださる姿をかなりの場面で見られました。
こういうイベントは大切にしないといけませんね。

那須ロングライド延長戦

さて、走ったは良いものの物足りませんね。

と、言うわけで帰りは自走にしました。

ざっくり130kmぐらいなので、合わせて200km。
そこそこいい距離です。

さぁ、那須ロングライドの始まりだ!







END(タッチ風)
スポンサーリンク
この記事がそこそこ気に入ったらポチッと! にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
購読するとブログの更新通知が受け取れるようになれます。
解除するにはもう一度購読ボタンを押せば簡単に解除できます。

動作環境:「Android OS」「Window OS」「MAC OS」のgoogle Chrome及び Firefox
※iOSはアプリ経由の通知となります。
この記事を自分のブログで紹介 Embed

2 件のコメント :

  1. お、良いですなー那須からのロングライドw
    どうにも列に並ぶとか苦手なんでイベントは避けてますがアンカーフェスだけは出ますよ!(•ө•)♡

    返信削除
  2. レースイベントは落車が怖いのでなかなか出る気になりませんが、日産スタジアムは年1回の脚試しで頑張ります!

    返信削除