2016年9月6日火曜日

【往復自走240km】赤城山ヒルクライムコースを走ったよ!【素晴らしい坂】

この記事を書いた人
この記事を自分のブログで紹介 Embed
スポンサーリンク
一緒に走った人
  • K隊長
  • Tさん
  • Sさん
  • KRさん
  • Oさん(私)
Sさんが9月24日のアンカーフェスティバルと同じ日程で行われる赤城山ヒルクライムのコースに行っておきたいとのこと。
去年行った榛名湖と距離もさほど変わらないのでまあ大丈夫でしょう。

赤城山ヒルクライムコースとは

距離20.8km、標高差1,313m。前橋市街地から県道4号線を赤城山頂まで駆け上がる、日本最大級のヒルクライムレース『まえばし赤城山ヒルクライム大会』のコース図です。
前橋合同庁舎前の上細井町交差点より50m上を計測開始地点とし、赤城山頂の赤城山総合観光案内所がゴールになります。
出典:まえばし赤城山ヒルクライム大会HPより
距離:20.8km 標高差:1,313m 平均勾配6.4% 国内最大級と言うだけあってなかなかのコース。

赤城山といえば徳川埋蔵金の発掘をしていた位しか知識がありません。
発掘されてたらニュースになっているはずなのに「素晴らしい穴」が見つかる度にわくわくしながらテレビを見ていましたね。

EMHは赤城山に「素晴らしい坂」を求めに未開の地グンマーに行ってきました。

輪行?しませんよw

出発〜ひたすら市街地を走る

天気が心配でしたが夜にならなければ大丈夫そうなので予定通り出発です。
彩湖でTさん、Sさんと合流して残りの二人の待つホンダエアポートまで軽快に飛ばします。
調子に乗ってホンダまで率先的に先頭走ります。
 途中でTさんが、今日はKRさんが実はホイール買っててデュラエース9000 C24とかつけてくるんじゃないのと話しながら向かっていましたが…

本当に買ってたw

今日は軽量ホイールになったKRさんにぶち抜かれるんじゃ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

隊長のeTapもひとしきり見てから赤城山に出発!
ひたすら北上!

利根川渡ってグンマーへ
Sさんの案内とK隊長の鬼引きであっという間に着きました

赤城山の麓に到着 

大会のスタート地点である前橋合同庁舎前で休憩します。
気温もかなり上がってきて20.8kmの登りっぱなしなので、飲み物は念のためボトル満たんにし補給食も摂っておきます。

大会前なので試走している何人かのロード乗りと遭遇しました。

ヒルクライム開始

最初はゆっくりと登ります
 登っている時の写真は全く無し!

鳥居が見えたら本格的に開始です!
 取り敢えずTさんとK隊長は先に行って直ぐに見えなくなりました。

序盤6km位まで

 Sさん < 私 < KRさんの順で登っていきます。
序盤はそんなに勾配がきつくないのに何故か心拍数が190に届く勢い。(私の最大心拍は199ですよ)
気温もどんどん上がり途中で蕎麦屋が見えるとそのまま休憩したい気分になります。

しばらく登っているとSさんが大分お疲れの様子でペースも落ちてきます。
少し心拍が落ち着いてきたのでSさんをKRさんと一緒に追い抜きます。

中盤12km位まで

 しばらく二人で登っていましたが今度は私がペースを上げられずKRさんが前に出てきます。そのままじりじりと差を付けられていきます。

ホイールがC24になって速えぇぇーもう50m位差が付いてる…

頑張って追いつこうかと思いましたが、まだ半分以上距離が残っているのでマイペースを維持します。
この暑さと距離なら追いつくチャンスはあるはず…あるはず…あるよね?

視界から消えると心も折れそうなのでなるべく見える位置で力を温存しながら登っていきます。
しばらくすると自分のリズムで走れるようになってきたので勾配がゆるくなった時に少しだけ踏んでいきます。すると少しずつですがKRさんとの距離が縮まっていきます。

1km位じりじりと差を縮めて残り9km地点辺でついに追いつきました。
どうやらKRさんはオーバーペースだったようでかなり消耗している様子。
そのままさんを追い抜きます。

終盤ゴールまで

後はひたすら一人で走っていました。
ボトルの残りも少なく標高が上がって日陰に入るとかなり涼しく感じられるのが唯一の救いです。

KRさんが復活して追走してこないかとつづら折れ区間で下を確認しながら登っていきますが、姿が見えないので結構差が付いているようです。

大会前だからでしょうか?ありがたいことに1km毎に案内板が立ててあります。
残り1kmを過ぎたらダンシングでラストスパートしていきます。

カーブを曲がって空がひらけてくるとゴールの案内板が見えてきて無事ゴール。

ラストスパートしたら脚が終わりました…
ロード乗りが沢山いましたよ

登頂 

 頂上ではK隊長とTさんが待っていました。
とにかく喉が渇いていたので500mlのペットボトルを一気飲み!
5分後位にKRさんも無事到着。Sさんがなかなか来ないので心配でしたが無事に到着しました。
どうやら途中でハンガーノックになっていて補給していたみたい。

何故かここでパイオニアパワーメーターの試乗が開催されていたのでみんなでやってみました。
ワット数はもちろんペダリング効率やベクトルまで出るので面白いですね。

Sさん終了のお知らせ

ダウンヒル

下りはSさんの案内で別ルートから下ります。
あとは下るだけだから楽だわー

まだ結構登りがあるじゃないですかー

あとは下るだけと思っていましたが何故か結構登ります。
脚が回復してないので全然回せません…よくわからない峠を登りましたよ…
もう登りはいいです…
赤城大沼の近くを通って県道16号「大胡赤城線」を下っていきます。

赤城大沼
この大胡赤城線ものすごく道が荒れてます!カーブの連続にグレーチングと石や枝のオンパレードです。
途中でブレーキが凄く鳴りはじめるし震動で手がしびれてきました。
ヽ(`Д´)ノもう来ねえよ!ウワァァン

なんとか下ってあとはひたすら平地を帰るだけです。

帰り道まだ100kmあります 

帰りは気温のピークだったので休憩多めにとって帰りました。

荒川で見た夕日が綺麗
Sさんが再びハンガーノック気味になったりK隊長が落車したりしましたが、彩湖周辺まで帰ってきましたよ。

暗くなると小さい羽虫が大量に湧いてきます
往復で約240kmでした。去年榛名湖に行った時よりも感覚的には楽でしたね。少しは成長したということでしょうか。

赤城山は「素晴らしい坂」でしたよ。
スポンサーリンク
この記事がそこそこ気に入ったらポチッと! にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
購読するとブログの更新通知が受け取れるようになれます。
解除するにはもう一度購読ボタンを押せば簡単に解除できます。

動作環境:「Android OS」「Window OS」「MAC OS」のgoogle Chrome及び Firefox
※iOSはアプリ経由の通知となります。
この記事を自分のブログで紹介 Embed

0 コメント :

コメントを投稿